■ 当メディアの記事は、広告による収益を得ています。

【Google AdSense】できる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください。実際にやってみたら簡単だった件

  • 2024年3月3日
  • 2024年3月4日
  • ブログ
  • 67View
  • 0件

聞いてください!asuhareです。

先日、Google AdSenseアドセンスを確認してたら「お支払いが遅れることなく、税金の源泉徴収も適切に行われるようにするために、できる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください。」って!

【Google AdSense】できる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください。実際にやってみたら簡単だった件

なんじゃこりゃ。。。マジ驚いた~‼ こんなの意味わかんないし、どないすんねん!余計な仕事ふやさないでよ~っ、キッィーー‼( ノД`)シクシク…

もしかしたら、同じような人がいらっしゃるかなって思ったので、実際にやった手続き完了までの流れをお話します。

今回は、時間をかけて情報収集、苦労した実体験を元に惜しみなく全力で紹介します。

  • 今回のシンガポールの件を放置している人
  • シンガポールの税務情報を解決したい人
  • 解決の仕方がわからない人
  • 簡単に解決したい人

そんな人に読んでほしい内容となってます!それでは是非、最後までご覧ください^^

今回紹介するやり方は、あくまでもぼくのやり方で進めていきましたので、必ず同じ結果になるとは限らないかもしれないので、自己責任でお願いします。

不要な情報はいらないから、今すぐ手順を知りたい方はココをクリック!

Google AdSenseできる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください解決まで

Google AdSenseできる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください解決まで

まずはじめに、ぼくがこの問題にぶちあたってから、解決までを時系列でお話しします。

ご期待ください!

突然のシンガポールでびっくり‼

Google AdSenseをいつも通り確認するつもりでアクセスしたら、突然のシンガポールだったわけです。

とりあえず、ググったんだけどこれといった具体的な答えが見つからず、困った…。

それでも情報収集した結果

自分なりの解決方法イメージができあがったので、さっそくやってみることにしました。

ここからは、実際にやってみたことを時系列で解説していきます。

ここで紹介する順番で進めていくと、最短で解決できるかと思うので「シンガポールの税務情報をご提出ください」を放置している方は、チャレンジしてみてください。

解決手順

それでは、始めていきます。

手順は、つぎの通りです。

  1. Google AdSenseに登録の住所を確認
  2. 国税庁ホームページから「居住者証明書の請求」をダウンロード・印刷
  3. 「居住者証明書」に必要事項を記入
  4. お住いの税務署へ行き請求
  5. Google AdSenseでシンガポールの税務情報を提出
  6. 数日後、Google AdSenseでステータスを確認

こういった感じです。

国税庁とかいろいろ出てきますけど、むずかしくなく簡単だったので心配しなくて大丈夫です。

Google AdSenseで登録の住所を確認|STEP1

はじめに、住所の確認から始めます。

Google AdSenseに移動

  • 「お支払い」をクリック
  • 「お支払情報」をクリック
Google AdSenseに移動

設定を管理する

  • 「設定」まで移動
  • 「設定を管理する」をクリック
設定を管理する

お支払いプロファイルで住所確認

  • 「お支払いプロファイル」へ移動
  • 「住所」でご自身の住所を確認
お支払いプロファイルで住所確認

国税庁ホームページから「居住者証明書の請求」をダウンロード・印刷|STEP2

つぎに、国税庁のホームページから「居住者証明書の請求」をダウンロードします。

国税庁ホームページへ移動

国税庁ホームページへ移動
引用:国税庁ホームページ

居住者証明書の請求書をダウンロード

  • 「居住者証明書および交付請求書の様式」まで下にスクロール
  • 「居住者証明書交付請求書・居住者証明書(租税条約等締結国用)印刷用(PDF/204KB)」をクリック
  • ダウンロード・印刷
  • PCで入力できる方は、下の「入力用」をダウンロード記入後印刷する
居住者証明書の請求書をダウンロード
引用:国税庁ホームページ

居住者証明書の請求書をダウンロード
引用:国税庁ホームページ

日本語住所を英語表記に変換(簡単)

このあと、日本語住所を英語で記入する箇所があるので、あらかじめ日本語住所を英語表記に変換しておきます。

やり方は簡単です。

知っている人も多いかと思いますが、「君に届け!」は、日本語住所を簡単に英語表記に変換できるサイトです。

日本語住所を英語表記に変換(簡単)
引用:君に届け!

「居住者証明書」に必要事項を記入|STEP3

  • お近くの税務署名を記入
  • 請求日を記入
  • 住所を記入(日本語住所と先ほどの赤枠の英語表記住所を記入)
  • 氏名を記入(フリガナ・漢字・英語)
  • 電話番号を記入
  • 提出先の国(シンガポール・singapore)と記入
  • 「申述事項」すべてにチェックを記入
  • 念のために同じものを2枚用意しておく(コピーしておく)
「居住者証明書」に必要事項を記入|STEP3

以上で請求書の準備は整いました。

お住いの税務署へ行き請求|STEP4

ぼくは、この書類を手に税務署へ向かうことにしました。

窓口にて、上記で作成した書類を提出し、「居住者証明書を欲しいのですが」と尋ねました。

すると担当者の方は、少々お待ちくださいと奥へ戻り数分後、所長さんだったと思います。

ご丁寧に「今回の件は、はじめてで御座いまして、少し日にちをくださいますか?」とのことでした。

その日は、自宅に戻りました。

数時間後、電話が鳴り、スマホを見ると税務署から。

「先ほどの件解決いたしましたので、お客様の都合の良い日にいらして下さい。」とのことでした。

本当にご丁寧な対応をしてくださり安心しました。

【税務署に提出するもの】
・運転免許証かマイナンバーカード
・居住者証明書交付請求書

請求後、数日かかるので郵送でお願いしました、お金はかかりませんでした^^

数日後、無事郵送で居住者証明書が届きました。

あらかじめ、届いた居住者証明書の写真を撮っておくといいです、後ほど使うので。

Google AdSenseで税務情報の追加|STEP5

  • Google AdSenseへ移動
  • 「お支払い」をクリック
  • 「お支払情報」をクリック
  • 「税務情報の追加」をクリック
Google AdSenseで税務情報の追加|STEP5
  • 「始める前に」で「フォームを開始する」をクリック
Google AdSenseで税務情報の追加|STEP5-2

  • 「企業情報」は個人の運営者
  • 「シンガポールに~~」は「いいえ」にチェック

Google AdSenseで税務情報の追加|STEP5-3

  • 「海外ベンダー~~」は、「いいえ」にチェック
  • 「課税免除」は、「はい」にチェック
Google AdSenseで税務情報の追加|STEP5-4

  • 「税法上の居住地」は、日本
Google AdSenseで税務情報の追加|STEP5-5

  • 「ドキュメントの種類」は、「税法上の居住地の証明書」を選択
  • 「アップロード」をクリック
  • 先ほど撮った写真をアップロードします
  • 「送信」をクリック
Google AdSenseで税務情報の追加|STEP5-6

  • 無事、承認されました。
Google AdSenseで税務情報の追加|STEP5-7

以上で、シンガポールへ税務情報の提出が完了しました。

疲れた~…。

まとめ|シンガポールの税務情報をご提出くださいは、簡単だった

はじめは、ホントびっくりした今回のシンガポール事件。

実際にやってみたら、意外と簡単だったので放置している方は、ぜひ試してみてください^^

少しでもあなたの参考になったら、うれしいです。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

またね!